ヤマハ お気に入り YAMAHA ドラム用モニタースピーカー 【SALE/97%OFF】 MS45DR

ヤマハ YAMAHA ドラム用モニタースピーカー MS45DR

ヤマハ お気に入り YAMAHA ドラム用モニタースピーカー MS45DR ドラム用モニタースピーカー,MS45DR,ヤマハ,kmtvc.akolegija.lt,12465円,YAMAHA,楽器・音響機器 , ドラム・パーカッション , ドラム・パーカッションアクセサリ , 電子ドラムアクセサリ,/mimmouthedness64996.html ヤマハ お気に入り YAMAHA ドラム用モニタースピーカー MS45DR ドラム用モニタースピーカー,MS45DR,ヤマハ,kmtvc.akolegija.lt,12465円,YAMAHA,楽器・音響機器 , ドラム・パーカッション , ドラム・パーカッションアクセサリ , 電子ドラムアクセサリ,/mimmouthedness64996.html 12465円 ヤマハ YAMAHA ドラム用モニタースピーカー MS45DR 楽器・音響機器 ドラム・パーカッション ドラム・パーカッションアクセサリ 電子ドラムアクセサリ 12465円 ヤマハ YAMAHA ドラム用モニタースピーカー MS45DR 楽器・音響機器 ドラム・パーカッション ドラム・パーカッションアクセサリ 電子ドラムアクセサリ

12465円

ヤマハ YAMAHA ドラム用モニタースピーカー MS45DR

商品紹介

■自然な鳴りを再現する2.1chモニターシステム
ツイーターとミッドレンジの2つのユニットを搭載した左右のサテライト スピーカーとサブウーファーにより、バスドラムから鳴り響く低音から シンバルが奏でる高音までの幅広い音域を再現します。更に2.1ch ならではの立体感が合わさり、高い臨場感を生み出します。

■20Wサテライトスピーカー
20Wのサテライトスピーカーは2cmドーム型ツイーターと8cmコーン型ミッドレンジの2つのスピーカーユニットを搭載。中高域サウンドをしっかりと再現します。本体は電子ドラム用ラックの縦パイプ部へ取り付けが可能。電子ドラムラック径として主流の1.5“径(3.81cm)のパイプに取り付けることができます。また、本体下部から出るアーム部にクランプを取り付ける形となっており、スピーカー部の角度調節も可能です。

■豊かな低音を生む20Wサブウーファー
16cmコーン型スピーカーユニットを有する20Wサブウーファーは、バスドラムやフロアタムなどのドラムが持つ低域のサウンドをしっかり再現します。迫力のあるサウンドはより臨場感のある演奏を実現します。また、サブウーファーには全体の音量を調節するマスターボリュームとは別に、低音のみを調節するベースボリュームがあり、簡単な操作でお好みのサウンドメイキンングが可能です。

■セッティングをシンプルにする専用ケーブル
電子ドラムトリガーモジュールには付属のコンビネーションケーブルにて簡単に接続できます。同梱のケーブル1本をトリガーモジュール、サブウーファー・アンプユニット、サテライトスピーカーそれぞれに接続するだけで、簡単に電子ドラムのモニター環境が完成します。
※DTX402シリーズなど、アウトプット用の端子が1つのみの場合は、トリガーモジュールのPHONE端子に接続するY字ケーブルが必要となります。

ご注意(免責)>必ずお読みください

※付属しているケーブルは[L]と[R]の標準フォーン端子の音声出力出力(マスターアウト)をもったドラム音源に接続が可能です。DTX402シリーズのように音声出力がヘッドホンと共用で一つしかない電子ドラムの場合は別売の変換ケーブルなどを使わないとケーブルを接続できません。ご注文前に電子ドラムの仕様をよくお確かめください。
※電子ドラム本体は商品に含まれません。


メーカーによる説明

MS45DRMS45DR

MS45DR

  • 自然な鳴りを引き出す電子ドラムラックに取り付け可能な電子ドラム用2.1チャンネルモニターシステム
  • 自然な鳴りを再現する2.1chステレオモニターシステム
  • 20Wサテライトスピーカー/サブウーファー
  • 電子ドラムラックへ取り付け可能 ※パイプ径が1.5"(3.81cm)のラックに取り付け可能
  • 同梱の専用ケーブルにて簡単に接続可能
MS45DRMS45DR

  • 1.5インチ径ラックに対応した20Wサテライトスピーカー
  • 20Wのサテライトスピーカーは2cmドーム型ツイーターと8cmコーン型ミッドレンジの2つのスピーカーユニットを搭載し、中高域のサウンドをしっかりと再現します。
  • 本体は電子ドラム用ラックの縦パイプ部への取り付けが可能で、電子ドラムのラック径としては主流となる1.5インチ径のパイプに取り付けることができます。また、本体下部から出るアーム部にクランプを取り付ける形となっており、スピーカー部の角度調整も可能です。
  • 豊かな低音を生む20Wサブウーファー
  • 16cmコーン型スピーカーユニットを有する20Wのサブウーファーは、バスドラムやフロアタムなどのドラムが持つ低域のサウンドをしっかりと再現します。迫力のあるサウンドはより臨場感のある演奏を実現します。
MS45DRMS45DR

  • 簡単ボリューム調整、サウンドメイキング
  • サブウーファーには全体の音量を調節するマスターボリュームとは別に、サブウーファーのボリュームのみを調節するベースボリュームがあり、簡単な操作でお好みのサウンドメイキングが可能です。
  • セッティングをシンプルにする専用ケーブル
  • MS45DRと電子ドラムのトリガーモジュール接続時には、付属のコンビネーションケーブルをご使用下さい。2.1ch のシステムでありながら複雑な配線の必要がなく、コンビネーションケーブル1本をトリガーモジュール、サブウーファー・アンプユニット、サテライトスピーカーそれぞれに接続するだけで、簡単に電子ドラムのモニター環境が完成します。
  • ※DTX402シリーズなど、アウトプット用の端子が1つのみの場合には、接続時にトリガーモジュールのPHONE端子(標準Phone端子)に接続するY字ケーブル(フォン(オス)-フォン(メス)×2)が必要となります。
MS45DRMS45DR

  • MS45DR 主な仕様 定格消費電力 24 W 定格電源電圧 100 V-240 V~, 50/60 Hz 出力 サテライトスピーカー 20 W + 20 W (2 kHz, 4 Ω) サブウーファー 20 W (60 Hz, 8 Ω) 再生周波数 サテライトスピーカー/サブウーファー 40-20000 Hz (-10 dB) スピーカーユニット サテライトスピーカー(ツイーター) 2cm(0.8")ドーム型(5Ω) サテライトスピーカー(ミドルレンジ)8cm(3")コーン型(4.5Ω) サブウーファー 16cm(6.5") コーン型(8Ω)
  • 寸法(幅 × 高さ × 奥行き)サテライトスピーカー 110 × 183 × 138 mm ※取り付け部分含まず サブウーファー 221 × 351 × 343 mm 質量 サテライトスピーカー 1.0 kg × 2 サブウーファー 6.5 kg
  • その他 付属品 パイプクランプ*× 2、ケーブル(Mini DIN 8 ピン+ フォーン + RCAピン)× 1、 ケーブルバンド × 1、電源コード × 1、取扱説明書 × 1 * パイプ径が1.5インチ(38.1 mm)のラックに取り付け可能
MS45DRMS45DR

MS45DRMS45DR

MS45DRMS45DR

MS45DRMS45DR

ヤマハ YAMAHA ドラム用モニタースピーカー MS45DR

決して安いものではないけれど、電子ドラムでしか練習できない子供たちの現環境においては購入して正解でした。 続きを読む
電子ドラムのバ-に左右に取り付けました。妻も満足しています。 続きを読む
MS45DRを買ってから4カ月使っての報告です。音源モジュールはYAMAHA DTX700、ミキサーはYAMAHA AG06、パソコンは自作デスクトップの環境です。ドラム用モニターやパワードスピーカーを何種類か試しましたが、ようやく電子ドラムの練習に没頭できるものに出会いました。と言うか、音の違和感から解放されたのが嬉しいです。音楽を鳴らしても素直な音で歪みが感じられないのでBGMやDTMにも使っています。オーディオ用ではないので過度な期待はできませんが、買ってよかったとつくづく思います。音量 家なら十分です。音質 家で鳴らせる範囲で音量を上げても音の歪みは感じられません。高音 シンバル系が気持ちよく鳴ります。低音 重低音とまではいきませんが、バスドラやフロアには十分です。操作 低音用スピーカーと高音用スピーカーの接続に少し戸惑いました。注意 音源モジュールの出力端子の形状によっては別途中継プラグが必要な場合があります。   ミキサーを使っていれば問題ないと思いますが。   また、高音用スピーカーをラック等に取り付けられるか事前に確認しておいた方がいいと思います。 続きを読む
i like use when i want to listen that i play pn my electronic drum 続きを読む

Informationインフォメーション

About usクラッシュプロジェクトとは

クラッシュの提案する「ものではないもの」の作り⽅

Catalogueカタログ

Movieムービー

Archiveアーカイブ